トップ / 歯肉炎になった時の対処法

治療

歯肉炎になってしまったら

歯肉炎はプラークが原因でなる歯茎の病気で赤く腫れたり出血したりといった症状が出ます。指で押すとぶよぶよしていることが多く、歯磨きをすると出血をするので炎症が起きているとわかります。炎症が起きたら、まず歯磨きの仕方を考えます。おおざっぱに磨くのではなく1本1本縦に磨く感じでゆっくり動かしていきます。歯並びが悪い場合はデンタルフロスや糸ようじといったものを使用すると歯垢が取れやすくなります。食後歯磨きが出来ない場合は口をゆすぐなど口腔内を清潔に保つようにすることで歯肉炎を改善します。

歯科医院の印象といえば?

歯科と一言に言っても、様々な診療科目に分かれています。虫歯の治療や歯周病の治療、親知らずを抜いたりと、どうしてもあまり行きたくない印象になりがちです。しかしそういったちょっと怖い印象も「予防」することで印象が全く変わるかもしれません。虫歯の予防、歯周病の予防など、具体的にすることは数か月ごとの定期健診です。ひどくなる前にケアをしてあげることで病気を防ぐ。当たり前のように聞こえますが、歯科の予防はまだまだ浸透しているとは言えません。何の症状もない今こそ「予防」に注目してみてはいかがでしょうか。

↑PAGE TOP

© Copyright 歯科医院開業に重要なこと. All rights reserved.