トップ / 歯科治療の保険を学ぶ

治療

歯科における診療報酬

歯科の治療には、保険が適用されるものと、されないものに分かれます。保険を使用する場合、国が診療報酬というものを毎年定めているので、同じ治療をすれば、日本全国どこの医院でも支払う金額は同じになります。診療報酬は、どの処置をしたら何点と厳密に決められていて、1点が10円として治療費に計算される仕組みになっています。保険治療は、虫歯を削って銀歯を入れたり、歯のないところに入れ歯を入れる歯科治療です。保険は最低限の治療をカバーするためのものなので、インプラントやセラミック治療、ホワイトニングなどには適用されません。

医院の診療報酬について

歯科医院では、虫歯や歯周病など様々な治療が行われています。保険が適用されるものは、窓口で自己負担分だけを支払います。そもそも、保険の治療には診療報酬というものがもとになっています。診療報酬は医療行為の対価として歯科医院に支払われるもので、国によって一律に決められています。毎年改定されるので、金額は少しずつ変化しますが、初診料や再診料、削った処置をした場合など全てが点数化されています。これにより、国内ではどこでも同じ処置を受ければ、同じ治療費になり、病気になったとき国民が病院に行きやすくなっている制度です。

↑PAGE TOP

© Copyright 歯科医院開業に重要なこと. All rights reserved.