トップ / 定期的に歯科へ行こう

治療

歯科医院での検診のメリット

歯科医院に行くと言えば、虫歯ができたり痛みが出たときに行く場所だと思われがちです。しかし、痛くなくても定期的に検診に行きチェックをしてもらうことで虫歯や歯周病の早期発見、早期治療をすることができます。早く見つけることで早く治療ができるため、結果的に痛くなる前に治療ができ、歯を削る量も少なくて済みます。悪いところがなくても歯のクリーニングをすることで歯周病予防ができ、口のなかの細菌を減らすことができるのです。歯科医院で定期的に検診を受けることで結果的に将来の歯を守ることができ、自分の歯でおいしく食事をすることができるのです。

定期検診の内容を理解する

健康な歯を長く維持するためにも歯科で定期的に検診を受けるのが良いです。内容としては歯磨きがしっかりとできているか、新たな虫歯がないか、歯周病が進行していないか、噛み合わせやあごの状態の確認、治療した差し歯や入れ歯などの調整や細菌などの除去、舌や粘膜や唾液などの以上の有無の確認など口内の色々な状況をチェックしてもらうことができます。歯科で検診をしてもらう間隔には、口内の状況によって個人差がありますが1ヶ月から半年の期間ごとに行なうのが一般的ですが、歯磨きが苦手だったり歯周病が進行していると言う場合にはその間隔を短くすることがすすめられます。

↑PAGE TOP

© Copyright 歯科医院開業に重要なこと. All rights reserved.