トップ / 矯正歯科は大人でも可能

治療

矯正歯科の治療中のメンテ

矯正歯科の治療中は、矯正装置により、汚れが付きやすくなります。そのため、丁寧に歯磨きをして、プラークが歯の周囲に残らないようにするため、歯ブラシ以外にも歯間ブラシなどを使い丁寧に歯磨きをする必要があります。また、治療中は、歯周病予防をするために、歯周ポケットがある方は歯周ポケットから歯茎の晴れや膿が出たりすることがあるため、最低でも3ヶ月に一度は歯周ポケットの内側をクリーニングすることが必要となります。矯正歯科の治療中は虫歯や歯周病になりやすいため普段からのメンテナンスが大切です。

歯科医院には定期的に通うべき

歯科医院には定期的に通い、自分の歯をケアすることが有用です。歯が健康なうちから口内ケアを行うことは、高齢になっても自分の歯を残すことにつながります。歯が痛くなったり、不調が生じてからでは改善するのには時間と苦痛が必要となります。しかし、定期的に歯科医院に通い、歯垢除去や歯茎の状態確認をしてもらえば、虫歯になったり歯周病になる可能性が大きく下がります。歯や歯茎の不調は、健康的な生活を送るうえで大きな支障となります。

↑PAGE TOP

© Copyright 歯科医院開業に重要なこと. All rights reserved.